スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 進入禁止のラーメン屋
ダンナが、「あのラーメン屋さんには入れないよ。おまわりさんに怒られちゃう。」と笑います。
漢字圏でない人にはそう見えるのか・・・。

有名ラーメン店「天下一品」↓

tennkaippin.jpg


交通標識「進入禁止」↓

hyousiki.jpg
マイクロファイナンスって知ってますか?

<ウィキペディア>
http://ja.wikipedia.org/wiki/マイクロファイナンス
-------(一部抜粋)--------
貧困者向けの「小口(マイクロ)金融(ファイナンス)の総称。

他の金融と比較して、マイクロファイナンスの特徴として、貧困緩和と事業収益の両方を追求していることが挙げられる。

一般の銀行は、担保や客観的な信頼がある富裕層のみに貸付を行っている。貧しい人びとは、自分の仕事に必要な少しのお金を得るために、法外な金利にもかかわらず非合法な高利貸しを頼ることしかできない状況であった。貧困者にお金を貸すことで、 彼らの自立をサポートし、 貧困の削減という社会的課題の解決に貢献できる。

たとえば、グラミン銀行では、銀行員が毎週集会を開き、お金の使い道や返済の計画について個別にアドバイスを行なう。こうした取り組みによって、貧しい人びとは、具体的な方法を知り、借りたお金を元に、家畜の飼育や竹細工の制作、食料品の販売などを営むことができる。そのように自らの手で生活の水準を上げていくことで返済が可能になり、貧しい人たちも信頼できる借り手となっていく。グラミン銀行の返済率は、実に98%に達している。

「融資→返済→融資→返済…」というサイクルを通じて、事業の持続可能性という経済的課題をクリアしていることも、もう1つの特徴である。
------------------------------

私、すっごーーく興味があったんです。

正直、カンボジアには道とか学校とかもう十分にあります。日本のテレビで「~してあげましょう」目線で取り上げられているカンボジアっていうのは番組作りの上での世界観であって、実際のカンボジアでは10年前ならいざ知らず、今はもうハコモノはほとんどこと足りてる、と私は思ってます。

ただし、貧困から抜け出せてはいません。
なぜなら、若い人に仕事ないから。
仕事があっても、コネクションがなければ高給取りにはなれないから。
それに、NGO、NPO、ODNとかいろいろ外国からお金が入ってくるので、「困ったら外国が何とかしてくれる」意識になってしまっているから。

大切なのは自立。
自分で働いて、お金つくって、ご飯かって、経済まわして、次の世代につなぐこと。

新聞の掲載で知ったのですが、カンボジアでのマイクロファイナンスファンドで日本で応募できるのがあるそうです。
<サミック>
http://www.securite.jp/microfinance/

日本から投資に参加できるマイクロファイナンスファンドとしても、最初のファンドだそうです。
ファンド取り扱い部分は、アーティスト育成投資ファンドで有名なミュージックセキュリティーズが担当。

早速、3口買ってみました。私2口、ダンナ1口。
ダンナにとっては、初投資。

うまくいくか?
お金は返ってくるのか?この世界不況時に?

わかりません。
失敗するかも知れません。
この投資リスクを「カンボジアのためにのむ」と納得してみました。
2010年03月08日 03:01 | NGO | コメント:2 | トラックバック:0 | Top↑
図書館で見かけて、気軽に借りた本。
ドキリとしました。

あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアよりあなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより
(2005/06)
山本 敏晴

商品詳細を見る


カンボジアの子たちに紙とクレヨンで、自分の大切なものを描いてもらう、というものです。

普通に幸せな子ではじまるこの本、急に心がしめつけられました。
ごみの山で生きる子のたいせつなもの。それは「お花」。
奈良美智が描いたような目をした子。ぜんぜん絵が上手じゃない。

あー、この子は絵を描こうとしたことがないんだろうな
あー、自分のたいせつなものって考えたこともないんだろうな
大きな愛情とか関心とかから離れて生きてしまってて。
はじめて自分と向き合うことを投げかけられた。
「あなたのたいせつなものはなんですか?」


ぐぐってみたら、山本 敏晴さんは有名な方なんですね。
NPO法人宇宙船地球号をたちあげている方でした。
<NPO法人宇宙船地球号>
http://www.ets-org.jp/index.html
ひょうひょうと日本人のふりしてるダンナ。
「まじで?」(関西弁ぽく、「ま」にアクセント)
「やばくない?」(これは若者ぽく「ば」にアクセント)
なんて、日本語をしれっと使いこなしてます。

だからと言って、もう日本人と同じだねー、と安心できません。

☆しょうゆを使うものはどっち?

助六寿司ってありますよね。
稲荷寿司と巻き寿司のセットのお寿司。コンビニでもみかけます。

公園で助六寿司を買ってきて、おもむろに稲荷寿司にだけおしょうゆをかけちゃいました。
ちがーう、お醤油は巻き寿司に使って! ・・・と言うも遅し。


☆チンするもの?しないもの?

外出先で。
シャケ弁当を買ってきてくれたものの、冷たい。

ねえ、電子レンジあったでしょ。
お弁当は温かいのが食べたいよ。

「あー、これはチンするものなんだね。」
「じゃあさ、お寿司はチンするの?」
「ポテトサラダはチンするよね?」

・・・。
何もチンしてこなくていいです。


本屋さんで面白いエッセイを見つけました。↓
何もうちのダンナだけじゃないんですね、あー日本の習慣って難しい。

日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る



日本人の知らない日本語2日本人の知らない日本語2
(2010/02/19)
蛇蔵海野凪子

商品詳細を見る
 鶏の卵を盗った人は。
ひっくひっく。
しゃっくりがとまらない。
ねえ、ダンナ、しゃっくりがとまらないよ。どうにかしてよ。

「鶏の卵盗ったでしょ?返す?」

鶏?卵?
盗ってない、盗ってない。
カンボジアじゃあるまいし、そもそも鶏の卵を盗るチャンスに居合わせたことないない。

「返さないと、治らないよ。返すって言って。」

わかった。返すよ、返す。
盗ってないけど返す。

「そんな心のこもってない言葉じゃ伝わらないよ。治らないよ。」

ちくしょう、なにさまぢゃ。


カンボジアではそういう言いがあるんだそうです。
「鶏の卵を盗った人はしゃっくりになる。」
「しゃっくりがおさまるためには卵を返さなきゃいけない。」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。