スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カンボジアの選挙
カンボジアでは、今年の4月1日に町長選が行われました。
まだまだ自力で選挙を成功させるのは難しい国カンボジア。選挙資金も海外援助。公正な選挙を実施するために国外から選挙監視委員がたくさん集まって、ようやく民主的な選挙が実施できます。

今日は、その選挙活動を監視してきたNGO「カンボジア市民フォーラム」の、報告会に出席してきました。
集会を取材したり、投票所をまわったりされた方たちの報告がきけて、リアルな選挙状況がよくわかりました。私はカンボジアに住んでますが、カンボジアに居ると出所不明な噂ばかり入ってきて、日本に居る方が生情報に接するチャンスが多いです。なんかおかしい。

日本人から見ると、目を覆いたくなるような民主主義っぷりの選挙ですが、前回よりも大幅な改善が見られるなどときくと、希望がもてます。

少しずつ少しずつ「公正な選挙」に近づいていってるカンボジア。公正な選挙をするのはもちろんですが、もっと、「公正な選挙してますよ!!」って国民にお知らせしていくことも大切なんじゃないかと感じました。

ポルポト時代を経験しているせいだと思いますが、私のカンボジアンファミリーのお父さん、お母さんは権威にたいして異様なほど恐れています。子供の学校の先生に会うのをびびってるくらいです。選挙に行くのも「なにかあったらヤバイから」と子供に投票へ行かないように言っています。
だから、選挙結果も信頼してないし、公務員に対しては不信感でいっぱい。でも怖い。

すぐに変われるとは思いませんが、この世代の人たちが「自分たちを幸せにしてくれる候補者を、自分たちが選ぶ」っていう気持ちになれる日が来たらいいなぁ。って思いました。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/99-3f081d1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。