スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また更新をさぼってました。すみません。

1日5回。何の数字だと思います?カンボジアの家に来た披露宴の招待数!!


1979年のポルポト政権崩壊から28年。
人口統計のないカンボジアでも、戦後ベビーブーマーが居るのは想像に難くなく、彼らは今頃25~27歳。
ばっちり適齢期の男女がわんさか、カンボジアには居るんです。

カンボジアの結婚式は、乾季の12月~3月にするのが通常。
その中でもお日取りの良い日っていうのがあって、そこは混むものらしいです。

カンボジアの披露宴は、誰かまわず招待しちゃいます。
少なくて200人。多くて700人!が集まることもあるそう。

私がお世話になっているカンボジアの家庭はおばあちゃん、お父さん、お母さん、子供8歳~25歳。
2月半ばまでは週3回程度でしたが、それを過ぎてから毎日誰かしらが披露宴に出席してました。

そして、来る3月のある日。5件の招待状。昼が3件、夜2件。
全部、お父さんに宛てられたものですが、全て出席するのは物理的に不可能ですし、それぞれ縁もあるのでさぼるわけにもいかない。
よって、成人した子供を含め、家族で手分けして出席です。笑。

皆で出かけて、各々違う会場(レストランがほとんど)へ行き、ご祝儀を払って飲み食いし、また皆で帰ってくる。笑。

私も、数年後に同じ目に会うんじゃないかと思うと、笑ってばかりもいられませんね。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/89-d4f6b33f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。