スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 野鳥狩り
鳥を捕まえに行くことになりました。時間は午後5時ごろ。手にY字のパチンコを携えたのが3人、野次馬として小さな子供4人と私、総勢8人です。

家の裏手には、4メートル四方程度の茂みが点在している場所が広がっています。手頃な石を拾いながらその茂みに近づき、そうっと中を伺います。3つ目の茂みで、いましたいました。しぃーとサインを送り、皆で茂みを囲みます。「そっちに行ったぞ」「こっちにきた」と騒ぎながら、パチンコでぴしり。仕留めました。

獲物は全長40cmの鳥。濃いグレーの羽に真っ白なお腹とオレンジ色のお尻。クチバシは黄緑色で先の方が赤く染まっています。
きれいねー、と思ってるのは私だけ。おいしそー、と口々に言いながら、子供たちは頭を打ち付けて命を奪い、次々と羽や毛をむしっています。

その後は、パチンコで狙いを定め、大きな木に近づいてはぴしり。小さな茂みを囲んではぴしり。走り回って獲物を追い詰めてはぴしり。藪をかき回して飛び出てきたのをぴしり。スズメ大の鳥を6匹捕まえました。

家に帰ってみると、スズメ大の鳥は4匹しかいませんでした。子供に持たせておいたので、途中で落っことしちゃったみたいです。

獲物は毛をむしられ、内臓を抜かれ、ぶつ切りにされ、30分後にはスープになりました。骨だらけですが、噛み締めると味が染み出て、ぞっとするほど美味しかったです。

これは、おじいちゃんの昔話ではありません。2006年1月29日の出来事です。


管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/8-8604ff3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。