スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 歯医者
同居してる家族が歯医者に行くのに、ついて行きました。

カンボジアでは掘っ立て小屋の歯医者さん(歯の絵が描いてある)をよく見かけますが、今回はちゃんとしたレンガ造りの建物の歯医者へ入りました。

歯医者さんはちゃんと診察前に手を洗ってます。当たり前なんでしょうけど、そういう事をカンボジアでされると信頼度がアップします。
治療台は、日本のと同じように、椅子の背もたれが倒れる様になってるものでした。メーカーはSELENE。

患者は別室へ行ってレントゲン撮影。そこの歯医者さんは日本の留学経験のある人で、待合室には留学時代の写真がたくさん置いてありました。日本びいきらしく、患者がレントゲンを撮っている間、ひたすら私と話してました。

レントゲンの撮る場所が悪かったらしく再度撮影。
痛みの原因は親知らずでした。

そのまま別室へ連れて行かれ手術される事になりました。
奥の部屋へ行くと、そこにも治療台と器具がそろっていました。付き添い(というより見学)が一緒に居ても何も言われませんでした。
先生と助手とスタッフ2人で、患者に麻酔をし、ギコギコと歯を切り出しました。
30分かけて、3つのパーツに分かれた歯が取り出されました。

最後に糸で縫って、その日は終了。

2週間後、再度来院。
糸を取り、それから歯を磨きますか、と聞かれました。患者の歯の内側に、黒い幕のようなものが張り付いてます。井戸水で歯磨きしてると、それが付くらしいです。私もやばいかも。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/67-a5fb26c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。