スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 魚つかみ取り
さかな

カンボジアは春夏秋冬がありません。変わりに雨季と乾季があります。文字通り、毎日雨が降る季節とずっと雨が降らない季節です。今は乾季が始まったばかりです。

家の裏の空き地は雨季になると水の中に沈みます。道を挟んだ向かい側の沼とつながり、いっぱしの湿地帯になります。私の同居してるカンボジアンファミリーはここに、雨季の開始時に稲を植え、雨季の終わりに収穫してます。今は収穫も終わり、田んぼが干上がっていってる最中です。

先日、家族がその田んぼの泥水をバケツで汲み、ザルにあけていました。のぞいてみると全長3cm程の小魚がぴちぴち。辺りを見回せばそこら中で小魚がぴちぴち。
雨季に沼から来た魚が産卵していったのでしょうが、なにしろ、その量というか密度がイケス並みなんです。とろい私でも手で楽につかみ取りできるくらいいるんです。
なんて豊かな自然環境。恐るべしカンボジア。

バケツで汲んだ魚達はその日の夕食に美味しくいただきました。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/3-88d35389
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。