スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 基礎材
ここカンボジアでは、建築屋さんの仕事は建物を作るだけ。資材は依頼主側が用意するのが普通です。
なにせ定価が無い国なので、ひとつひとつ、がんばって値切れば総額ではずいぶん違います。

まず必要なのは基礎材。砕石、レンガ、砂、セメント、鉄筋などです。シェムリアップ市内に販売店がいくつかあります。が、レンガ、砂などは車で1時間くらいのところで採取されているので、直接交渉した方が安いはず!と行ってきました。

レンガ採取地は、バンテアイスレイ遺跡の先、またはアンコールトムの奥です。道を走っていて、レンガの釜を見つけたら車をとめて交渉します。レンガ焼き場、初めて見ましたが、ずらーっと焼き釜の口がこちらを向いていて、壮観です。天空の城ラピュタのパズーの生まれ育った町の、高さをすごーく低くした感じ。言い過ぎ?
ここ2ヶ月でレンガの値段は高騰してて、数件まわったところ1個110~160リエル、数ヶ月前の1.5倍の値段です。先に買っておけば・・・泣。高いのは辛いけど、安いのも不安です。140リエルのお店で手をうちました。1回に数千個ずつ運んでくれるそう。値段は時価なので、140を超える値段なら連絡をいれてもらい、再度交渉です。必要なのは、穴なしレンガ10000個。穴あきレンガ70000個です。

砂の採取地はバンテアイスレイ方面、またはロリュオス遺跡方面です。バンテアイスレイの砂は白からグレー、ロリュオスの方のは赤茶色です。どちらが優れているってもんでも無いですが、混ぜない方がいいらしいです。
ロリュオスの方が少し安いと聞いていたんですが、値段は変わらず、1㎥で6ドル前後。バンテアイスレイの方では、「自分で運んでくれるなら、3ドルでもイイヨ」と言ってくれ、ぬか喜びをしたのですが、シェムリアップでトラックと人手を借りて運んだら、1㎥単価が7ドルを超えてしまうことがわかりました。がんばって交渉して、5.8ドルでおろして貰うことになりました。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/19-5f5052e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。