スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジアでは車は全て輸入です。関税が250パーセント。100万円の車を輸入したら、350万円以上で売らないと元が取れません。車を持っているのは金持ちか、観光客相手のタクシードライバーです。新車はまずありません。外国で廃棄対象となった中古車を売買するのが主です。

シェムリアップでは、車屋さんはありません。今乗っている車を売りたい人を探すか、プノンペンで買ってきてシェムリアップで売るバイヤーさんから買います。情報誌などは無いので、口コミ、横情報です。町で見かける車を物色し好みの車を友達やタクシードライバーなどに伝えておくと、彼らがその車を売りたい人を見つけたときに声をかけてもらいます。値段は売主との交渉で決まります。

車は左ハンドルがルールです。タイ、日本からの輸入車は右ハンドルなので、左ハンドルの車と比べると少し安いのですが、警察にしょっ引かれる可能性があります。

私が買ったのはカローラ、95年アメリカ製、走行距離6万キロです。5500ドルで、友達の友達の友達から買いました。シェムリアップでミルク色のカローラが走っていたら、それは私です。


管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/14-eeff08f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。