スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほとんどのカンボジア人は、視力抜群です。
遠くに居る鳥を観察したり、夜に星を眺めたり、という「目が良くなる行為」が日常茶飯事に行なわれてるから。
そのうえ、読書、パソコン、(それに勉強)っていう目を酷使することが日常的に行なわれていないから。

それに引き換え日本人は・・・。
昔の欧米の風刺画では、日本人と言えばメガネ。
現在でも近視率世界一、学校保健統計調査報告書をのぞくと、高校3年生で近視率6割なんだそう。
例にもれず私もその口でして、中学生からメガネ、高校生からコンタクト常用者です。

日本に居る分には、近視は多数派。メガネでもコンタクトでも、朝夜の手間がちょい増えるだけで、たいしたストレスではありません。

でも、カンボジアでは。
メガネ=老眼なので、メガネをかけてるだけで年寄り扱い。
人前でコンタクトなぞ装着しようものなら、子どもだけじゃなく大人にまでガン見される始末。

砂埃が多いので、特に舗装されていない道ではハードコンタクトでは目が開けられない。
最近できたばかりのメガネ屋さんでしか買えないソフトコンタクトレンズは期限切ればかり。
売られてるコンタクトレンズの保存液は、新品なのにボトルがぼろぼろ。
ほんと、目にかかる心配は尽きません。

そこで、日本に居るうちに目を良くしちゃうことにしました。へへ。
視力回復レーシック!!
昨日受けてきたのですが。おおお。感動です。
起床直後、部屋の隅がくっきり見える!!
パソコンの前に座るときにメガネを探さなくていい!!

一人で勝ち誇ってる私に背を向けてダンナ曰く
「目が全く見えないわけじゃないのに、そんなリスク犯してさ。
これでasukaが見えなくなったら、一番大変なのはボクなんだよ」

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/136-98316b16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。