スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくらももこの「ももこのいきもの図鑑」という本で、ベタという魚を飼う話が載ってました。
闘魚として有名な熱帯魚ですが、彼女はその魚を手がかかると解説してました。
エサを一日4回あげなきゃいけない。
だから水が汚れるので毎週変えなきゃいけない。
そうやって手をかけたのに、半年で死んでしまった。

我が家にもベタが居ます。
名前は「シャーク」。通称、シャークちゃん。

ダンナが半年ほど前に、ふらりと買って来ました。
とりあえずコップに入れて、その後ダンナはアクリル板を張り合わせて水槽を作りました。
家にあった水差しで増える観葉植物を一緒に入れてあります。
近所の川で小石を拾ってきて、それも入れてあります。
この前その川で貝を見つけたので、それも入れてあります。

エサはあげてません。
ダンナ曰く「葉っぱについてるプランクトンを食べてるから大丈夫」
たまに、ダンナの気分次第で肉のかけらをおすそ分けしてもらってます。

水はときどーき変えてもらってます。
2ヶ月に1度。
ダンナ曰く「がんばって巣を作ってるから、それを壊しちゃかわいそう」

全然手をかけてないにもかかわらず至って元気なシャークちゃん。
カンボジア流育て方、試してみてください。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/127-931ea80d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。