スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ナウシカの100年前
チベットにはじまり、中国、ラオス、タイ、ベトナム、カンボジアを流れる大河メコン。
そこで、新種の生き物、植物がわんさか見つかってるそうです・・・。
やばい!

メコン川流域:鳥食うカエルなど163新種(毎日新聞)
----------
 東南アジアを流れるメコン川流域で、鳥を食べるカエルなど163種類の新種が昨年1年間に見つかったと、環境NGO「世界自然保護基金(WWF)」が発表した。流域にあるタイのバンコクでは28日から、京都議定書に続く地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約の特別作業部会が始まった。WWFは「温暖化で貴重な生物多様性が失われる」として、各国に野心的な温室効果ガスの排出削減を呼びかけた。

 見つかった新種は植物100種、魚類28種、爬虫(はちゅう)類18種、両生類14種、哺乳(ほにゅう)類2種、鳥類1種。

 このうち、鳥を食べることがあるカエルはタイで見つかった。カエルの糞(ふん)から鳥の羽が見つかったという。牙を持った大きな口が特徴だ。

 また、ヒョウのような柄を持つヤモリが、ベトナムで発見された。目はネコに似ていて、WWFは「別世界からやってきたような生き物」と驚いた。このほか、中国・雲南省で鮮やかな赤い花を咲かせるバナナ、中国とベトナムの国境では飛ぶより歩くのが得意という野鳥チメドリの仲間も確認された。

 流域では過去10年で1000種以上の珍しい動植物が見つかっており、国連機関も「温暖化に伴う降水量の変化などが悪影響を与えるのでは」と懸念している。
----------

「風の谷のナウシカ」を連想してしまいました。

風の谷のナウシカ [DVD]風の谷のナウシカ [DVD]
(2003/11/19)
島本須美納谷悟郎

商品詳細を見る


この新種のカエル達は、次々と巨大化していくのかも。
そして、メコン周辺に「腐海」ができ、カンボジアは真っ先に飲み込まれちゃうんだ、きっと。
日本人は虚弱だから生き残るのは難しいよね。
でも、日本列島は塩水に囲まれてるから「腐海」の侵食は避けられるかも。
船に乗って逃げてきたカンボジア人が日本列島に住んで、寒さと土地の貧しさに苦しみながらも細々と暮らす、ということにしよう。・・
(以下略)
スポンサーサイト
常夏の国カンボジアでは、1年中蚊がでます。

ダンナの実家での蚊対策は、屋外は蚊取り線香、室内はモスキートンスプレー。
モスキートンスプレーとは、その名のとおり、スプレー式殺虫剤。
カンボジアでは蚊の絵がかかれた缶が、雑貨屋で売ってます。

そんなカンボジア人が日本で愛用してるのが、ゴキジェット
蚊よりも大きい虫用なんだよ、ほら絵が違うでしょ、という私の必死の説得に耳も貸しません。
いつも手元に常備し、1匹でも蚊を発見したらすかさずシュー。

とりあえずは我が家のルール
・ご飯を食べてるときはシューしない。
・asukaの足および体にはシューしない。
・冷蔵庫に入ってない野菜や肉があるときはシューしない。
 アンコールワット展
アンコールワット展が、日本を巡回します。
(財団法人NHKサービスセンターより)
http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/ankoru.html

上智大学が発掘した、バンテアイ・クディの仏像が来るそうです。
寺院の庭を掘ったら、首が落とされた仏像200体が発見された、というドラマチックな見つかり方した仏像です。
http://www.info.sophia.ac.jp/angkor/jp/

日本で展示するのなら、時代背景とか美術観点とか、きっと日本語で分かりやすく解説されてるはず!と期待。
このシルバーウィークは三重県。
東京で見られるのは、年末年始。
楽しみ♪です。

<<巡回予定>>
8月21日(金)~9月30日(水)
パラミタミュージアム
(三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6)
 
10月9日(金)~11月3日(火・祝)
美術館「えき」KYOTO
(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町)
 
12月27日(日)~2010年1月18日(月)
日本橋三越本店
(東京都中央区日本橋室町1-4-1)

2010年
2月4日(木)~3月22日(月・祝)
山梨県立博物館
(山梨県笛吹市御坂町成田1501-1)

3月26日(金)~4月13日(火)
大和香林坊店
(石川県金沢市香林坊1丁目1番1号)

4月20日(火)~5月30日(日)
岡山県立美術館
(岡山県岡山市北区天神町8-48)

6月5日(土)~7月4日(日)
群馬県立近代美術館
(群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内)

7月10日(土)~8月29日(日)
福岡市博物館
(福岡県福岡市中央区大濠公園 1-6)

10月19日(火)~12月5日(日)
熊本県立美術館
(熊本県熊本市二の丸2)

12月11日(土)~2011年1月23日(日)
大分県立芸術会館
(大分県大分市牧緑町1-61)
 カンボジアの踊る阿呆
高円寺の阿波踊りをみてきました。
http://www.koenji-awaodori.com/

気づくと、ダンナは観客席で、一緒に手を振って踊ってました。
見る阿呆が踊る阿呆に♪

カンボジアにも、伝承の踊りがあります。
お正月なんかで身内が集まってお酒が入り盛り上がってくると、ステレオが持ち込まれ、年配の人が中心に楽しそうに踊りがはじまります。
そういう踊りは、阿波踊り・盆踊りに似て、音楽に合わせて体を動かすだけで、一見して難しいものではありません。
なのに、私が真似るとそれは絶対に盆踊り。カンボジアダンスにはならない。

阿波踊りの最前列で、頭まで回して踊ってるダンナを見ると。
それはやっぱりカンボジアダンス。
リズムや腰の動き、手の表現が、和製とは一線を画してます。

今は同じものを食べ同じ言葉をしゃべってても、育ちの違いは歴然とあるのをしみじみ実感。

ノリノリのカンボジア人に阿波踊りの踊り手が次々と絡んでくれて、ダンナも満足そうでした。
踊り違えど楽しさ同じ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。