スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジアの国立トゥール・スレン博物館を、沖縄の平和祈念館が支援するそうです。

手元の新聞記事によると、
・トゥール・スレンの職員を1ヶ月間研修員として招く
・日本人の専門家3人をカンボジアに10日間派遣
というのを毎年おこなうそうです。


カンボジアへ平和発信 県平和資料館が技術提供(沖縄タイムスより)
-----
 県平和祈念資料館とJICA沖縄国際センターは2日、同資料館が蓄積してきた資料保存や展示、教育普及活動などの方法を、内戦を経験したカンボジアの国立トゥール・スレン博物館に伝える事業を始めたと発表した。県平和祈念資料館の大川芳子館長は「カンボジアの平和博物館の管理運営に必要な人材を育成したい」と抱負を述べた。

 JICAの「草の根技術協力地域提案型事業」として県の提案が採択され、すでに日本とカンボジアの間で署名式も開かれている。12年までの3年計画で、毎年一定期間、カンボジアから研修生を受け入れ、沖縄からも学芸員を派遣する。

 大川館長らによると、ポル・ポト時代から30年がたち、カンボジアでは歴史を知らない子どもたちが増えており、学校の平和教育との連携なども課題に挙がっているという。

 県資料館であった記者会見には、大川館長のほか、JICA沖縄の玉林洋介市民参加協力課長、同館の園原謙学芸主幹らが出席した。

 玉林課長は「平和構築を目的に日本の博物館が海外の博物館にノウハウを伝える取り組みは聞いたことがなく、無限の可能性がある」と説明。園原学芸主幹は「教えることと学ぶことは表裏一体。沖縄にとっても人材育成につながり、平和の心を世界に発信できる」と話した。
-----

悲惨な歴史は繰り返さない事が要で、そのためには風化させないことが課題なんですね。
ポルポトの虐殺行為を口にすることさえ、タブー視されてきたカンボジア。
すこーしずつ、変わってきてますね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。