スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夏休みは、本当の海に行きたい」とダンナが言い出しました。

海に本当も嘘もあるかい!
この前行った、三浦半島だって茅ヶ崎だって、充分に本当の海じゃい!

と憤りつつ、詳しく言い分を聞いてみると。
要するに、コンクリで固められた堤防だのテトラポットがあるのが嫌なんだそうです。
人工物で整えられていない、自然のままの海で釣り糸を垂れたいんだそうです。

東京から気軽に行ける海で防波堤がないところ、なんて・・・。
ありました。
伊豆七島の手前から4番目、神津島。

港やその周辺はもちろん整備されているのですが、千両池というスポットがありまして。
そこへ辿り着くためには、両手を使って岩の斜面を降りていかなければ着かない、という稀有な場所。
人も少ないし、シュノーケリングも釣りも、思う存分楽しめました☆

これ↓が本当の海なんだそうですヨ。
kozu
スポンサーサイト
アニメ大国日本。
アニメは海外の子どもにとって、トヨタとかソニーに匹敵するNIPPON宣伝効果があるんじゃないかと密かに思ってます。

で、ダンナのお気に入りの日本アニメは、『ドラえもん』や『ドラゴンボール』では無く『クレヨンしんちゃん』。
あの小生意気ながきんちょも、ダンナには機転の利く子に見えるらしいんです。

毎晩のように、You Tubeでクレヨンしんちゃんを見ては一人で笑い転げてるダンナ。
確かにシモネタって、笑いのツボとして解りやすいんですよね。
日本PTA全国協議会が出してる「子どもに見せたくない番組」の常連番組ですが、もういい大人なんだし、とほっておくことにしてました。

ところが。
先日、海に遊びに行ったところ、水着姿で遊んでる女の人を見て。
「あ!水着お姉さん!」

もういい大人なんだから、止めてください羆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。