スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ガスボンベ
料理でもしようかとカセットコンロを買いました。
この、カセットコンロ用のガスボンベ、カンボジアでは再利用するんです。それも、リサイクルじゃなくてリユース!

使い終わったガスボンベをガス屋さんに持っていくと、その場でガスを注入してくれて800リエル(24円)。振ってみて少なかったら700リエルにまけてもらえます。街の雑貨屋さんだと、使い終わったガスボンベを入ってるものに交換してくれるんですが、そういう所のガスボンベはたいてい真っ黒に錆びてます。ガス少なめで値段は同じですが、急いでる時には便利♪

このリユース、もちろんエコ意識よりはリーズナブル追求の結果なんでしょうが、地球に優しい感じがします♪
スポンサーサイト
 スペアキー
自室の鍵にスペアキーを2つ作りました。
街の鍵マークがぶらさがってる屋台で、30分で作ってくれました。

帰宅し、早速使ってみたのですが・・・

開きません。
そもそも、鍵穴に入りません。

それもそのはず、鍵先のぎざぎざが互い違いに付いてるんです。
2つとも、です。

久しぶりにびっくりしました。口があんぐり開きました。
明日クレームしに行ってきます。
 ヘアカット
カンボジアに住みだして早1年と3ヶ月。それなのに、カンボジアで髪を切ったことがなかったんです。カンボジアの美容院では、髪をむんずと捕まれぱっつんと真横にハサミを入れられるんじゃないかって、勝手に怯えてたんです。笑。
でもシェムリアップの街では美容院をよく見かけるし、街中の女の子だって十分今時のヘアスタイルです。なので、勇気を出して入ってみました。

雑誌をめくる仕草をしたら、タイ語のヘアカタログが出てきました。いえ、カタログというより、ヘアカット指南書に近いもので、ハサミや剃刀の入れ方まで写真入りで載ってるものでした。これなら安心♪と1つ選ぶと、美容師さん、いきなり霧吹きを髪にプシュ。ライムの香りがしました。
それからは、日本でやるように髪を幾つかに束ねて頭上にのせ、内側の髪から少しずつ切っていきました。剃刀はあまり使い慣れていないのか、少し強引気味。ハサミは前髪とサイドは縦に使ってましたが、後ろの髪は横に切ってました。私は髪の量が多いので面倒だったからかも。

仕上がりはそれなり。いえ、期待以上でした。
だって、お値段2ドルですもん。
 二度あることは。
久しぶりの更新です。

二度あることは三度ある?失敗を生かせてない?
設計書ドアの業者に続き、ペンション建設のメインを担当していた業者が変わりました。

完成予定2006年12月になっても、70%しかできあがらず。
仮納品をしてもらい、年末年始に友達に泊まってもらったのですが・・・

・水漏れ。1時間でバケツ半杯分もの量の水が1階へ落ち。
・その水がフロアに汚れを作る。
・全客室でシャワーの水は排水溝へ流れず、シャワールームの隅に溜まり。
・そして部屋へじわりと染み出す。
・トイレの汚水が庭へ吐き出され。
・庭に散らかる排泄物。
・部屋の壁にはぴきぴきヒビが入り。
・踏むときゅうきゅう音がなるタイル。

他にも細かいことを挙げればきりが無いんですが、まあそう言った感じで。


そして、この業者の暴言の数々。
・「この仕事はもうやんねーよっ」(12月、数日間にわたって)
・「カンボジア標準です。」(1月に、水漏れを確認して)
・「うちに若いのが何人いるか、わかってんだろーな」(契約終了後)


というわけで、新しい業者探しに奔走してます。
補修工事もろもろあるので、オープンは半年ほど先になりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。