スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 屠殺、って・・・
カンボジアでは、たいていの家には、家畜が居ます。牛、豚、ニワトリ、アヒルなどを育ててます。それは売る事もあれば、家で食べることもあります。牛豚などの大きいものは肉屋に売る事が多いのですが、鳥たちは頻繁に家庭で調理され、食卓に登ります。私のお世話になってる家でも、よく、兄弟たちがお金を出し合ってビールを箱買いし、鶏を絞めてつまみを作り、みんなで宴会します。

実は、私は、このときの「鶏を絞める」行為にとーっても抵抗があります。絶対にやりたくありませんし、あまり見たくもありません。魚ならいいんです、大丈夫なんです。大きな魚をさばこうが、その血で手が汚れようが、何とも思いません。ところが、動物になってしまうと、こぶしサイズの鳥ですら殺したくありません。食べるのは大好きな癖に、殺すのは「かわいそう」などと思ってます。
じゃあ、日本では誰が家畜を殺してるんだろう?と思って知り合いの畜産業界の関係者に聞いてみました。ダークな回答が返ってきて、ちょっとショックでした。

江戸時代の階級制度、士農工商の更に下にエタ・ヒニンと呼ばる人たちがいました、と学校で勉強しましたよね。彼らの多くは動物の屠殺、皮なめし、またその内臓を売ったりするのを生業としていたそうです。今現在「部落問題」と呼ばれる、そういう出身の人たちを就職や結婚で差別する向きがあります。もちろんこれは人権に関わる、あってはいけない話です。ですが、そんな背景の結果、今の屠殺業者さん達には部落出身の方たちが多いそうです。

さあ、カンボジアの話。
日本では差別にまで発展している問題ですが、カンボジア人には大したことじゃないんです。
普通の家庭の育ちの良い子たちが、あっさりと手際よく、さくさくと鶏を絞めていきます。まるで、魚をさばくかの様に。

物陰から怯えながら見ていた(苦笑)、鶏を絞めるもようです。
1、鶏の頭たたいて気絶させる。
2、首を切り、血を器に取る(これも食べるんです)
  この時、鶏がばたばたするので、動かないようにきゅっと押さえる。
3、沸騰したお湯に鶏をつける。(羽が取れ易くなるそうです)
4、羽をむしる(マーケットで売られている鶏はこの状態です)
5、食べやすいサイズに切り分けていく(←この段階まできて、やっと私は「美味しそう」という気持ちになれます)
カンボジア家庭では部位別に使い分けないので、1つの料理で、頭1つ、足2つ、手羽2つってな具合に仕上がります。

いろいろカンボジア人に屠殺をどう思うか聞いてみると、やっぱり「血が嫌い」とか「輪廻転生的によろしくない、年寄りにはやらせちゃいけないよね」などと言って敬遠する人もいるみたいです。
じゃあ、屠殺業者さんについて聞いてみると、牛はチャム族(カンボジアに住んでるイスラム教を信仰している民族。人口の1.5パーセント)、豚は華僑が扱ってる事が多いそうです。でも屠殺に関わってるからといって、白い目で見られることは無く、むしろ良いビジネスだよねって感じみたいです。
スポンサーサイト
 月の虹
二日酔いになった体調を崩したので、日本食が食べたくなりました。
カンボジアでの、初日本食です。

月の虹っていう、アンコールワットへ行く途中の道を東に折れた所にある日本食レストランに行ってきました。サバ味噌煮定食を食べました。

お値段5ドル。全般的に4~6ドル、刺身が入ると9ドルって感じの値段構成みたいでした。お飲み物はちょっと高め。(いえ、私の普段が安すぎるだけだと思います)

小鉢が2つ、冷奴と和え物、箸休めが2つ、キムチとサラスパ、それにサバの味噌煮とご飯と味噌汁です。
期待していたとおり、何も言わないのにお茶がサービスされました。日本じゃ当たり前ですが、こっちではちょっと心が動きます。

もう、日本米と味噌汁に感動です。
すっかりカンボジア料理を食べなれたつもりでしたが、母国の食事とはこうも自分の体に馴染むものかと。五臓六腑にとくとくと染み渡りました。
今からそんな事言ってちゃいけませんね。笑。
 日本語教室
カンボジアで日本語を教えてます。
学校では無く、同居している家で、そこの子供達に頼まれて無料で教えてます。一人だけわずかに英語ができる子が居て、彼に通訳してもらいつつ教えているので、日本語⇒英語⇒カンボジア語という若干ややこしい事になってます。

いやー、外国人に日本語を教えるのって新鮮ですね。
最近は、「これ」と「この」の違いに四苦八苦しました。理解はしてもらっても、やっぱり頻繁に間違えます。笑。
それから、4:00と9:00。これらを、「よんじ」と「きゅうじ」と読んでしまいます。笑。


私は、日本語教師の資格(国語教師とは違います。外国人に日本語を教える日本の公的資格で、一朝一夕に取れるものではありません)を持ってません。学生時代の専攻は数学、どっぷり理系で、語学には苦手意識がたっぷりあります。漢字も論文も得意じゃなくて、会社員だった頃は「日本語がわからんっ」と叱られる事もありました。それなのに、ワタシなんかが教えていいのだろーか、文法知らないし、漢字もできないし、と思ってました。
ところが、日本語の上手なカンボジア人に、どこで、どうやって勉強したのか聞いてみたところ・・・。
彼が通ってた学校は、月5ドル(当時の公務員給料が25ドル前後だったはずです)。先生はカンボジア人で、彼は「日本人の先生に日本語を習った」というのが売りだったそうです!
そんなんでいいんだ。笑。

テキストは「みんなの日本語」という、超有名なテキストを使ってます。
このテキストは「日本の会社で働く外国人」を想定して作られてる様で、カンボジアの生活には馴染まない箇所が多々あるので、それぞれ使いやすい語彙に変えて教えています。そうしないと、ゲストハウスのオーナーの事を「私の会社の部長」、市場の事を「デパート」と言ってしまう危険があります。笑。実際にそう間違えてる人を街で見ました。笑。

さあ、私の教え子たちが日本語ぺらぺらになって、カンボジア語との通訳をしてくれますよーに♪
タイでクーデターが起こりました。
ネットで新聞を読むところによると、軍事クーデターだそうですね。現首相に反対する軍部が、首相外遊中に政権を乗っ取ったとか。

今思うことは、残念です。とーっても、残念です。非常に、残念です。もう他にないくらい、残念です。

日本から見るとタイって国は、東南アジアの発展途上国ってイメージでしょうか。
でも、タイってASEANの中では、立派なリーダーさんなんです。貧困に苦しみ、政治的に不安定な周辺諸国から、羨望と嫉妬の混ざった目で見られている、いっぱしの国なんです。
日本がアメリカに向ける視線の様に、タイの動向はASEAN内で注目されてるんです。
カンボジアはタイと国境を接しているので、領土問題、歴史問題、感情問題がたくさんありますが、それでも、タイに行った事があるっていうのは自慢できる事です。英語学校のカンボジア人の先生で、タイ留学経験のある方がいましたが、もう、事あるごとに「タイではああだった、なのにカンボジアは・・・」「タイではこうだった、だからカンボジアは・・・」と話されていました。それだけ、鼻を高くできる事なんです。

それなのに・・・
あれだけ、知識人が居て、国民の教育レベルだってそこそこあって、治安を維持できるだけの集権力もあって、オリジナル文化も開花させてる、タイほどの国が。
なんで、もっと民主主義的な選択を取れなかったんでしょうか。
銃を使ってトップを締め出す以外の、もっと合法的なやり方は無かったんでしょうか。

今回のクーデターで、「そんなのもアリなんだ!!」と思った人たちがどれだけいるでしょう。
結果オーライ、クーデター後に民衆の支持が得られれば法律は無視してもオーケー、自分達が権力を握る最短距離はクーデター、と思った人たちがどれだけいるでしょう。
私の勝手な思いですが、タイにはアセアンのリーダーとして見本となれる国、カンボジアがこれから追随できる国であって欲しかったんです。

ほんとーーーに、残念です。
一難去ってまた一難♪

タイでクーデターが起こりました。
即効、連絡が入りました。「できる限り建築資材を押さえてください!」

ここカンボジアでは、建築資材の大半を輸入に頼ってます。
今回のタイ政変でタイの輸送が混乱し、カンボジアに物資が入ってこなくなると、カンボジア内で資材がどっと値上がる可能性があるんです。その上、トラブルに乗じた便乗値上げの可能性もあるんです。

とりあえず今後購入予定の製品で、どれがタイ産か、やばそうなものをリストアップしました。
セメント、水道管・・・
屋根瓦は通称「タイの瓦」と呼ばれてるんですが、作ってるのは意外な事にプノンペンでした。

建築屋さんによると、「もうほとんど揃ってるから大丈夫」だそう。
ほんとかな・・・。
 木製品の復活
ご禁制となったはずの木製品ですが、そろそろと動きが出てきました。
シェムリアップの木製品屋さんに活気が戻ってきてる様だったので、アンロンウェインの契約しているお店と連絡を取ってみました。「もう、シェムリアップに入る事はできるけど、雨季で道が壊れてるのでもうちょっと待って」との事でした。

さあ、あの御触れはなんだったのでしょう。
きまぐれ?
どこかへ向けたパフォーマンス?
賄賂目的?

とりあえず、ペンションはドア付きになりそうです。
ひとまず安心♪
 ブラックマネー
くろ~いお金、そう、ワ・イ・ロの話です♪

日本もそうだと思いますが、そんじょそこらに建築物を建てちゃいけませんよね。自分の土地に自分の家を建てるにしたって、公の機関に届け出る必要がありますよね。
この国でも、建築物を作るのに村長さんの許可がいります。でも、なんらかの許可証が発行される訳じゃありません。口約束の「許可」なんです。そして、その許可を貰うには『袖の下』を使わなきゃいけません。そんな汚い真似はできん!と思っても、そうしなきゃ建物は作れません。

4月頃、このペンションを建てる為に、正面のみを書いた設計書を見せ、ビールを2ケース買い、村長さんに来てもらって接待しました。そして600ドル払いました。「まあ、何かあったら私に連絡しなさい。何でも通してあげるから。はっはっはっ」といった形で話はまとまりました。

ところが・・・
理由はわかりませんが、シェムリアップ県に、新規で建物を作ってるのがばれました。いちゃもん付けられました。「シェムリアップ県としちゃ、許可は出してない」と言うわけです。「1200ドル払え」(「払え」よりは「くれ」が正しいのですが、ニュアンス的には「払え」なんですよ。)と言われました。
「だって、村長さんはイイって言ったんだよ。それに600ドルも払ったんだよ。」とごねてみました。それが項をなしたのかどうなのか「かわいそうだから負けてあげるよ。600ドルでいいよ。」となりました。仕方ないので、「ありがとうございます」と言って(!!)払いました。

その後、頭にきて村長さんに「話が違うじゃないか!金返せ!」と詰め寄りました。村長さんは、「えー。だってそのお金はもう使っちゃったもん」。「ふっざけんなーー!!怒!」
お話し合いの結果、何故か150ドルだけ、3ヶ月払いで返ってくることになりました。

納得ができない事がたくさん。
筋が通ってない事もたくさん。
ちっ。

賄賂っていうのは夜更けに密室で、
「お代官様、例の件よろしくお願いします。つきましてはこれを・・・。ヘヘ」
「越後屋、お前も悪よのう。」
ていう、さも後ろめたいシチュエーションで、日の当たらない水面下で、行われるんだろうと思ってました。でもこの国ではあっけらかん、ある意味「当然の権利」みたいに扱われてます。
お金を払ってくれる人(=親!!)が来たので、前々から目をつけてた、ソフィテルというホテルのカフェへ行ってきました。ソフィテルは、5つ星ホテル、一泊300ドル~、スウィートルームは1800ドルという超高級ホテルです。バックパッカー出身の私は、ドキドキワクワクしながら足を踏み入れました。

中に入っちゃえば、アジアンリゾートを意識したカフェって感じです。遠くの席ではスーツ姿のビジネスマンが眉根をひそめてお話してました。カンボジアに居るのを忘れちゃう光景です。

ここのお目当てはハイティー。
3段トレイの、アフタヌーンティーです。サンプルをみてビックリ。ええ?3段トレイが2つもあるの??

1つ目は、スコーンやら、クロワッサンに生ハム・サーモンを挟んだサンドイッチやら、軽食です。もう1つは、ばっちり甘味。もちろんカンボジアの甘味じゃなく、ケーキやらチョコレートやらの洋菓子です。

それぞれ、おいしゅうございました。
この国で、生ハムとか生サーモンを入手して保存する苦労を考えると、おいしいスコーンやクロワッサンやケーキを手作りできるコックさんを見つける事を考えると、涙がでます。さすがソフィテル。私もがんばらなきゃと思います。

お値段は、ハイティー12ドル+お飲み物3ドル、でした。
ハイティーはボリュームがあるので、私たちは4人でシェアして、それで十分でした。それ程高くはありませんよね。
カンボジアにいらしたあかつきには、ぜひどうぞ。

 ヤギ料理専門店
ヤギ料理の専門店です。シヴァターストリートの南の方にあります。

もう、完全にローカル用のお店で、英語は通じません。メニューもありません。他のお客さんは、生活が裕福なカンボジア人みたいです。ビジネス接待の利用も見られます。照明は裸電球に、籠がかかっている程度。文字を読むのには辛い明るさです。

メニューは、鍋と焼肉(ジンギスカン)。どちらも、カセットコンロと調理器具、それに肉とか野菜とかが出てきて、自分で調理しつつ食べます。
どちらもいけます♪
ぜひ2回行って、それぞれ食べてみてください。

お値段は、たしかどちらも7ドル(自信なし)だったと思います。
それに、ここはビールが安い。アンコールビアで1.5ドルです。
 Woody House
狭いシェムリアップのレストラン情報も少しずつ載せることにしました。
私は、胃腸に自信があります。まずお腹を壊すことがありません。それと元バックパッカーで屋台OK、ハイソな生活とは無縁、そしてビール大好き!なことをご了承の上、参考にしてください。

月2回くらい行く、中華料理店「Woody House」。
一応、観光客向けのレストランでツアー客の利用も時々見受けます。英語も通じます。観光客以外だと住んでいる中国人、または中華系カンボジア人が多いみたいです。ローカルカンボジア人はあまり見かけません。
日本から来たばかりの人には暗く感じるんじゃないかって程度の明るさです。照明には籠がかけてあったり、壁にツボが並べられてたり、大きな扇がかかってたり、インテリアを意識してんだな、って感じがします。

従業員もおそろいの服を着てて、英語可。たどたどしい感じですが、ビールを注いだりご飯をよそったりとサービスもしてくれます。でも、お客さんが少ない時は空いている席に座って、ぺちゃくちゃしてます。

お値段は一品2ドル~。高くないでしょ。そして、比較的美味しいんです。
お勧めは辛口豆腐スープ(こんな意味の事が、漢字で並べてありました)
それからビール。ここのビールは他で有り得ないくらい冷やされてるんです!(←これを飲む為に来るといっても過言ではありません)
中学校の公民の時間に、言論の自由って習いました。期末テストとか高校入試の頻出項目だった気がします。
ずーーーっと、この「言論の自由」って言葉はテストに出題する為にある言葉、授業をちゃんと聞いているかを試す為の言葉って思ってました。

ここカンボジアでは無いんですよ、その言論の自由が。はは。(←笑い事じゃありませんね。)
いやあ、無くなってみて、初めてその有り難さが身に染みます。
基本、政治ネタはご法度。告げ口も怖いので、気のおけない仲でも政府批判は口をつぐみます。お上への恐怖も浸透していて、20代の若者が家で政府への考え方を口にすると親に「余計な事考えてんじゃないっ」って叱られるそうです。メディアによる批判、バッシングなんて考えられません。

それでも、諸行無常。
最近、この風潮に反発する事件を耳にします。

ある大学教授が政府に物を申したそうです。
すると彼は、相応しく無いと職を奪われ、その後逮捕されてしまいました。日本だったら、その後をメディアが報道して、その情報を得る事ができますが、ここではそれは望めません。闇の中です。

元政府関係者側近が、何らかのトラブルで近隣諸国に逃げました。そこで、現政権の悪事を赤裸々にネット上に綴りました。クメール語と英語でそれぞれ書かれています。それの信憑性は分かりません。絵空事かも知れないし、真実かも知れません。今その人は、マレーシアかどこかでVISAの期限切れで捕らえられ、カンボジア政府に引き渡されようとしているそうです。政府側の発表では、「彼はテロリストじゃあ!」だそうです。

日本に住んでいた時は、改革への意気込みってのは大切な事だと思ってました。
主旨の是非はともかく、話題になって、たくさんの人が興味を持って、考えたり検討したりする絶好のチャンスだと思ってました。でも、それは揺ぎ無い社会基盤の上にあぐらかいてて思える事なんだって気づきました。郵政民営化だって、憲法改正だって、けんけんがくがくと議論の上で、もし議会が真っ二つに割れても、国民の真意を問う選挙が何回も行われたとしても、それが治安の悪化につながりませんよね。だから遠慮なく良いとか悪いとか言えるんですよね。

カンボジアでの、改革しよう!という至極もっともな動きに対して怯えている自分がいます。
民主主義は大切です。それに向かって進む事も大切です。
でも、それよりも、流血沙汰、もっと言えば内戦に突入する可能性と恐怖から目をそらせません。
反対デモの結果、元に戻りました。今までどおりです。ドライバーはアンコールワットへ出入りでき、観光客もチェックポイントで有料バスに乗り換える必要はなくなりました。

事件後、ある政府高官が正義の味方の様な声明を発表しました。
「何してるんだ。カンボジア人の生活を圧迫する様な事しちゃだめじゃないか。」
でもこの人物、この騒動の黒幕と言われている人物です。
それでヒーロー気取りなんでしょうか。
あーあ。
カンボジア人にとってアンコールワットは、大切な大切な心の支え、プライドの取柄みたいなものです。レストランの名前で一番多いのは、アンコールワット。国旗のデザインもアンコールワット。市場へ行けば、Tシャツ、かばんにもアンコールワット。学用品のノート、鉛筆にもアンコールワット、アンコールワット。

そんな大切なアンコールワット遺跡群を管理している会社は、何故かベトナム資本の会社です。理由は分かりません。多額の賄賂とか、政府高官の親戚筋だからだとか、まことしやかな噂はささやかれていますが、本当のところは分かりません。

ここ、アンコールワット観光拠点の町シェムリアップでは、ドライバーを職業としている人がたくさんいます。バイクタクシー、トゥクトゥク、タクシーなどで、アンコールワット遺跡群へ観光客を連れて行き、その運賃で食べている人たちです。

突然、アンコールワットを管理しているベトナムの会社が、それらドライバーがアンコール遺跡群地域へ入るのを禁止(正しくは有料化)しました。遺跡群に入るチェックポイントがあるのですが、ドライバーはそこまで、です。観光客はそこで降りて、ベトナムの会社が運営する有料のバスに乗り換えなきゃいけません。どうしてもドライバーの車で入りたければ、時間いくらのお金をそのベトナムの会社に払わなきゃいけません。
ある程度大型のバスは通れないように、そのチェックポイントにゲートまで設けているそうです。

「まっさかー。笑。」と思える様な話ですが、本当です。
容易に想像できる事ですが、ドライバーさん達の生活は圧迫、どころか路頭に迷っちゃいました。解雇通告も雇用保険も無いリストラの様なもんです。

今日、そのドライバーさんたちがアンコールワットでデモを行うそうです。
ドライバーさん達の生活が保障された結果となりますように、そして流血沙汰になりませんように、切に切に望みます。
 ある一日
7:15
起床
ペンション工事の人は、もう作業開始してる。

7:30
朝食に、街のクイティオ(カンボジアにゅうめん)屋にバイクで行く。

8:00
帰って洗濯。井戸水で手洗い。
最初の頃は3時間かかってたのに、今は1時間くらいでできるようになった。

10:00
ジーパンの手洗いは大変なので、街のクリーニング屋さんに持っていく。
ついでにインターネットカフェに寄る。家族友人からのメールに返信する。
ネットサーフィンも少し。

12:00
帰宅。
ペンション工事の様子を確認。

1:00
昼食。
お母さんの作ってくれた料理を食べる。
今日のメニューは、15cmくらいの魚を揚げたもの、空心菜とかキノコとか香草の入ったスープ。魚に塩味が効いてて美味しい。

2:30
同居してる家族の末っ子が釣竿をもって見せに来た。魚が釣れたらしい。
私もマイ釣竿を探して、裏の池に行く。餌は、その辺を掘って見つけたミミズ。触れないので、子供につけてもらう。皆釣れるのに私だけ釣れず、下手だと言われる。

5:00
同居している子供7人を集め、日本語の授業。
今日の課題は、「私もカンボジア人です」の『も』と、「学校の先生」の『の』。
一人だけ英語の分かる生徒がいて、彼に通訳してもらいつつ、すすめる。同じ兄弟なのに、呑み込みの速さに差があって面白い。7番目の男の子が「いいえっわかりませんっ」と怒鳴ってる。(先週の課題は、「わかりますか?」「いいえ、わかりません」でした。笑。)

6:00
雨が降ってきた。
レインコートを着て、雨の中、バイクで英語の授業を受けに行く。
ゆっくり走ったので5分遅刻してしまった。先生はイギリス人。彼女の発音は聞き取りやすい。それにアイロニー気味なジョークが多くて楽しい。

8:00
雨が止みそうにないので、またレインコートを着て帰る。
雨水が道路に溜まって川みたいになっている道を走ったので冷や汗が出る。
ガソリンスタンドにも寄る。この日は1リットル1.1ドルくらいだった。

8:30
水浴びをする。
雨の日はトイを通して溜めた雨水で浴びる。井戸を扱がなくていいので楽チン。

9:00
夕食
メニューは、きゅうりのプロホック、25cmくらいの魚を開いて干したのに甘酸っぱいタレをつけたもの、豚肉とかインゲンとかが入ったスープ。
もう、家族のほとんどは寝てる。

10:00
明日送るメールを書く。
それからブログもちょっと書く。
それらをUSBメモリに保存。

11:00
就寝。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。