スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 給水管
給水管2

給水管

給水管を買いました。プラスチック製しかありません(ちょっと不安・・・)。安いの高いのありますが水のトラブルは困るので、ベコベコしたタイプでは無く硬いのを選びました。

スポンサーサイト
 名前について
全く更新してないのに、いつのまにやらカウンターが1000をまわってました。見てくれてる人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。ので、何か書きます。

名前について

日本では皆さんご存知の通り、家族の苗字は同じです。結婚すれば、どちらかが苗字を変えて、生まれる子供はその苗字を使うことになりますよね。スズキ タロウさんの長男イチロウさんの名前は、スズキ イチロウさんです。

カンボジアでは、子供の苗字は、父親または祖父の名前を使う事が多いんです。なので、先ほどの例で言えば、スズキ タロウさんの子供イチロウさんの名前は、タロウ イチロウです。イチロウさんにユウコと言う子供が生まれれば、彼女の名前はタロウ ユウコ又はイチロウ ユウコです。結婚しても苗字を変えない為、家族の苗字はバラバラです。

カンボジアで子供が生まれれば名義的に名前が付けられますが、その名前は日本ほど重視されてません。最近の子供は学校に行く時に名前を登録し、それが本名(「学校の名前」と呼びます)になります。ですがそれとは別にニックネームを持ち、家族友人はそちらを使っているケースがほとんどです。家族ですら弟の正式な名前を聞かれると、えっと・・何だっけ?となることがよくあります。普通の人はIDを持っていない上、仕事上の名刺(自分で作った)にもニックネームを使うのもアリで、もうこうなったら本名の存在価値は塵に同じ、ですね。

末っ子は日本でも「ちびちゃん」、欧米でも「ベイビー」と呼ばれている事が多いですよね。カンボジアでは、その呼び名を本名として登録しちゃう人が多いんです。なので、Ms.ちび、Mr.ベイビーがよくある名前になってしまうんです。笑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。