スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ナウシカの100年前
チベットにはじまり、中国、ラオス、タイ、ベトナム、カンボジアを流れる大河メコン。
そこで、新種の生き物、植物がわんさか見つかってるそうです・・・。
やばい!

メコン川流域:鳥食うカエルなど163新種(毎日新聞)
----------
 東南アジアを流れるメコン川流域で、鳥を食べるカエルなど163種類の新種が昨年1年間に見つかったと、環境NGO「世界自然保護基金(WWF)」が発表した。流域にあるタイのバンコクでは28日から、京都議定書に続く地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約の特別作業部会が始まった。WWFは「温暖化で貴重な生物多様性が失われる」として、各国に野心的な温室効果ガスの排出削減を呼びかけた。

 見つかった新種は植物100種、魚類28種、爬虫(はちゅう)類18種、両生類14種、哺乳(ほにゅう)類2種、鳥類1種。

 このうち、鳥を食べることがあるカエルはタイで見つかった。カエルの糞(ふん)から鳥の羽が見つかったという。牙を持った大きな口が特徴だ。

 また、ヒョウのような柄を持つヤモリが、ベトナムで発見された。目はネコに似ていて、WWFは「別世界からやってきたような生き物」と驚いた。このほか、中国・雲南省で鮮やかな赤い花を咲かせるバナナ、中国とベトナムの国境では飛ぶより歩くのが得意という野鳥チメドリの仲間も確認された。

 流域では過去10年で1000種以上の珍しい動植物が見つかっており、国連機関も「温暖化に伴う降水量の変化などが悪影響を与えるのでは」と懸念している。
----------

「風の谷のナウシカ」を連想してしまいました。

風の谷のナウシカ [DVD]風の谷のナウシカ [DVD]
(2003/11/19)
島本須美納谷悟郎

商品詳細を見る


この新種のカエル達は、次々と巨大化していくのかも。
そして、メコン周辺に「腐海」ができ、カンボジアは真っ先に飲み込まれちゃうんだ、きっと。
日本人は虚弱だから生き残るのは難しいよね。
でも、日本列島は塩水に囲まれてるから「腐海」の侵食は避けられるかも。
船に乗って逃げてきたカンボジア人が日本列島に住んで、寒さと土地の貧しさに苦しみながらも細々と暮らす、ということにしよう。・・
(以下略)
スポンサーサイト
「美容技術で子ども幸せに」 カンボジアでカット指導(読売新聞より)
---
 人身売買の被害に遭ったり、貧しい家庭に育ったりした子どもたちに、生きていくすべとして美容技術を身につけてもらうため、一宮市在住の美容師、田中英里さん(32)がボランティアとしてカンボジアに渡り、カットの基本技術を講習した。

 同事業は、恵まれないアジアの青少年を支援しているNGO「国境なき子どもたち」と、化粧品や医薬品の輸入製造などを手がけるヘンケルジャパンのシュワルツコフ プロフェッショナル事業部が協力して昨年秋に続き実施した。

 田中さんは、自身が勤める「岩井文男美容室」(名古屋市中区)が途上国の病院で子どもたちの髪を整えるなどの活動をしていることに触発され、ボランティアに関心を持った。髪をカットするだけでなく、子どもたちが技術で自立できるようにと思い立ち、応募したところ、全国の美容師100人以上の中から、大阪府の男性とともに選ばれた。

 カンボジアでの活動は5月25日から29日まで。田中さんらが指導したのは、バタンバンの自立支援施設「若者の家」に暮らす22歳までの16人で、うち14人はハサミを持つのも初めて。カットのモデルを施設の子どもたちや近所の人に頼み、ハサミの持ち方や動かし方を指導した。

 田中さんは指さし会話の本を使って「髪の毛」「切る」「楽しい?」と単語で質問するなどしてコミュニケーションを図った。「子どもたちはつらい過去があるとは信じられないほど明るくて前向き。できる子ができない子に教えてあげるといった思いやりの心を逆に教えられた」という。

 「自分の技術で一人でも多くの子どもたちを幸せにしたい。機会があればまたカンボジアへ行きたい」。田中さんはそのために、自分の技術を磨くとともに、お客さんに子どもたちの現状を伝えていくつもりだ。
---

まさに、”魚をあげるより釣りの仕方を教える”ですね!

カンボジア美容院は発展途上。
一昔前までは、壁が3方しかない美容院で、フツーのお姉さんが紙(←変換ミスじゃありません)用のハサミで、じゃきじゃきやってるのが当たり前でした。
でも、今では、都市部には現代的なヘアサロンが並び、エアコンが効いてる中でお嬢様方が美を磨いてます。
女性のオシャレにかけるエネルギーは並じゃありません。
ここで、ちょい腕のたつ美容師さんが育てば、あっという間に生活向上の階段が上れちゃいます。

日本のヘアカット技術は、超ハイレベル。
貧困脱却には効果たかそうです♪
カンボジアの国立トゥール・スレン博物館を、沖縄の平和祈念館が支援するそうです。

手元の新聞記事によると、
・トゥール・スレンの職員を1ヶ月間研修員として招く
・日本人の専門家3人をカンボジアに10日間派遣
というのを毎年おこなうそうです。


カンボジアへ平和発信 県平和資料館が技術提供(沖縄タイムスより)
-----
 県平和祈念資料館とJICA沖縄国際センターは2日、同資料館が蓄積してきた資料保存や展示、教育普及活動などの方法を、内戦を経験したカンボジアの国立トゥール・スレン博物館に伝える事業を始めたと発表した。県平和祈念資料館の大川芳子館長は「カンボジアの平和博物館の管理運営に必要な人材を育成したい」と抱負を述べた。

 JICAの「草の根技術協力地域提案型事業」として県の提案が採択され、すでに日本とカンボジアの間で署名式も開かれている。12年までの3年計画で、毎年一定期間、カンボジアから研修生を受け入れ、沖縄からも学芸員を派遣する。

 大川館長らによると、ポル・ポト時代から30年がたち、カンボジアでは歴史を知らない子どもたちが増えており、学校の平和教育との連携なども課題に挙がっているという。

 県資料館であった記者会見には、大川館長のほか、JICA沖縄の玉林洋介市民参加協力課長、同館の園原謙学芸主幹らが出席した。

 玉林課長は「平和構築を目的に日本の博物館が海外の博物館にノウハウを伝える取り組みは聞いたことがなく、無限の可能性がある」と説明。園原学芸主幹は「教えることと学ぶことは表裏一体。沖縄にとっても人材育成につながり、平和の心を世界に発信できる」と話した。
-----

悲惨な歴史は繰り返さない事が要で、そのためには風化させないことが課題なんですね。
ポルポトの虐殺行為を口にすることさえ、タブー視されてきたカンボジア。
すこーしずつ、変わってきてますね!
戦略系コンサル会社マッキンゼー
『バリバリのビジネスマン』を象徴するような会社ですよね。
睡眠時間3時間!
パソコンを何台も駆使して、世界中を飛び回る!
みたいな。笑。

井戸をこいで水を浴び。
野菜を育てて少しのお金に変え。
夜は裸電球1つで家族10人の団欒。
なんていうカンボジアとは、無縁の会社だと思ってましたが。

マッキンゼー日本支社の社長はカンボジア生まれなんですね。
そうい言われて見れば、クメールの顔してます。笑。
http://www.mckinsey.co.jp/services/leadership/heangchhor.html
30年超え裁く大虐殺 ポト派特別法廷17日開廷(asahi.com)
---------------
 カンボジアのポル・ポト政権(75~79年)によるカンボジア大虐殺を裁く特別法廷が2月17日に開廷する。犠牲者170万人とも言われる大虐殺から30年余り。真相解明と責任を問う初めての法廷の仕組みと課題をまとめた。
(以下略)
--------------

私がカンボジアに住んで感じたのは、カンボジア人は、ポルポト時代の事をほとんど語りません。

ダンナの実家では、同居しているおばあちゃんがいます。
おっとりした人ですが、孫の嫁で右も左もわからない外国人の私を、言葉も通じないのにすっごくかわいがってくれている、優しい人です。

あるときダンナに、おじいさんは亡くなったの?と聞いた時に口重く教えてもらいました。
おじいさんは軍隊(たぶん文官の類)に所属していたのだそうですが、ポト政権時代のある日、連れて行かれたまま帰らなかったそうです。
おそらく殺されてしまった、とも思うのですが、いや生きていて欲しい、との思いもあり・・・。
家のおばあちゃんは、いまだにおじいちゃんの帰りを待っているまま、の状態です。

納得のできない理不尽な悲しみ。
口にしないことで、その忌まわしい記憶を封印する。

太平の時代に生きてきた私の想像では、その辛さは追いつきません。

来週火曜日からポル・ポト派特別法廷が開かれます。
それが、悲しみを30年間引きずり続けているカンボジアの人たちの心を癒すことにつながりますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。