スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 韓国料理
アンコールワット観光の旅行者で、一番多いのは、韓国人だそうです。
数年前は日本人の方が多かったのですが、ソウルーシェムリアップの直行便ができてからあっさりぬかれたそうです。

で、韓国人。
日本人も昔の人は旅先でも日本食を食べていたそうですが、韓国人もそうなんです。いえ、彼らが食べるのは日本食でなく、韓国料理。夕方、シェムリアップの韓国料理店の前には、でっかいツアーバスが列をなしてます。

あの、ハングルの飛び交うレストランに踏み込む勇気がなくて躊躇してたのですが。笑。
やっぱり、美味しいビビンバが食べたくて、入ってみました。

レストランでは、そのまま個室に案内されて、ほっとしました。
あのうるさいにぎやかな韓国人酔客の中で食べるのは、気がひける・・・。

さっそく、ビビンバ、プルコギの定番メニューを頼むと。
でてくる、でてくる。
付け合せの小皿が、9皿。うち7皿はキムチ!!

韓国旅行の記憶がフラッシュバックしました。

メインのビビンバたちはそこそこのお味でしたが、小皿に満足!です。
キュウリのキムチ、豆腐のキムチ、唐辛子のキムチ・・・

小皿を食べに、また行きます♪
スポンサーサイト
以前にも書いた、シェムリアップで人気のリーリーレストラン
しばらく改装中で仮店舗で営業してたんですが、新しい店舗がオープンしました。プラスチックの椅子とテーブルも一新し、木製のカッコイイのになりました。

スタッフも新しい人が参入。
見た目に15歳くらいの、おそらく田舎育ちなんだろうなって子たちが働き出しました。

で、その新人さんたち、オーダーを取る練習中です。
お客さんは、席について新人さんに注文を伝え、その後ベテランスタッフにもう一度オーダー。
お会計もしかり。いったん手近にいる新人さんにお会計を伝えて、ベテランスタッフにもう一度同じことを繰り返します。

日本人なら、ホールの仕事なんて練習しなくても当たり前に判ります。でも、カンボジアの田舎育ちの彼らは、きっと外食をしたこともなければ、お金の勘定をしたことも無いのでしょう。

そして、こんなOJTが許されるのも、カンボジアならでは、ですね。
 グルマザーカフェ
最近できた日本食レストランです。
聞いたら、オープンしてまだ一ヶ月だそう。
2人がけのテーブル3つ+カウンターで、こぢんまりなレストランです。

お店には焼酎、日本酒のボトルが並んでて、それが売りな感じです。
お昼ご飯時に行って、ランチセットを食べました。ランチセットにはオカズが3つあったのですが、どれも酒のつまみとしても食べられるメニューばかり。笑。

お料理は、手作り感溢れてて、それなりに美味しかったです。
願わくば、日本米が食べたかった。
カンボジアのお米って、日本で話題になったタイの香り米と違って、匂いが無くて食べやすいんです。でも、長流米で、日本米のべっとりのしっとり感は無いんです。気にならない人には大した違いじゃないんだろうけど、私はわざわざ日本食を食べに行くんなら、日本米が食べたいーー。ああ、書いてるだけで、日本米が恋しくなってきた・・・。

今度は、夜、お酒を飲みに行ってみます♪
 イタリアーナ
カンボジア人は、明けても暮れてもカンボジア料理ばかり食べてます。
でも、普通の日本人って毎日和食三昧では無いですよね。外食はもちろん、家でも洋食、中華なんかを食べてますよね。

カンボジアに来て最初に感じた欲求は、「トマト味のパスタが食べたい。チーズたっぷりのピザが食べたい」でした。笑。
観光地のシェムリアップでは、一応、イタリアンレストランはあるんですが、ぜ~んぜん味が違うんです。おそらく、カンボジア人が調理し、カンボジアの調味料で味付けされてるんです。こう、期待して食べに行くと、ちっが~う!ってテーブルひっくり返したくなる味なんです。

そこへ、シェムリアップにイタリア人経営のイタリア料理店ができたらしいと聞きました。
早速行ってきました、ふふ。

お店は、シェムリアップ川沿いの、ちょっと分かりにくい場所にありました。
お値段は、1品6ドル前後。でも、ワインは料理の2倍以上のお値段。現地生産してないんで仕方ないんですよね。
メニューは全部イタリア語。笑。なんとなくは分かるんですが、読みづらい。

ピザとパスタを1つずつ食べました。ばっちりイタリアの味!でした。
通いつめます。ふふ♪
 リーリー
カンボジアの定番朝ご飯にクイティオがあります。
にゅうめん(温そうめん)みたいな料理で、あちらこちらに専門店があります。日本のラーメン事情と少し似てるんじゃないでしょうか。

その中でも地元で評判の店リーリーレストラン。週に3回くらい行ってます。
いつ行ってもお客さんがたくさんいます。ガイドブックにも載ってるので、外国人もちらほら。ですが、英語は全く通じません。

このお店は、スープが美味しいんです。
野菜や肉を煮込んだコクのあるスープ♪
野菜も肉もたっぷり入ってます♪

実は、カンボジア人には、麺は固めに茹で、茹で上がりを直に食べるっていう発想はありません。だから、いつも「のびた麺」を食べてます。これだけは不満です。

お値段は3000リエル(0.75ドル)、お手頃価格でしょ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。