スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジアに住んでるときのダンナの趣味は「鳥を狩る」こと。
ずいぶん前のブログでも書きましたが、Y字型のパチンコで鳥をしとめ、食べちゃいます。

もちろん、日本ではそんなことはできません。
一方カメラにはまり出したダンナ、「鳥を撮ること」に凝りだしました。
最初はつたなかったカメラの腕もめきめき上達しています。
そもそも鳥を見つける視力もあり、鳥の声をききわける聴力もあり。
私よりもよっぽど鳥の名前を知っていて、鳴き声で「メジロだよ」「アカゲラがいるね」と聞き分けます。

気づいたら、ベランダに見慣れない装置がとりつけられていました。鳥の餌台です。
最近は「鳥を呼び寄せること」にご執心。
なんでも「鳥の声が聞こえたら嬉しいでしょ」とのことです。
夜にいそいそとヒマワリの種やら、水やらを鳥が飲みやすいように工夫しながら設置。
翌朝「シジュウカラの声が聞こえる」と窓からこっそりのぞき、鳥が餌をついばんでるのにご満悦。
だんだん鳥に餌場として認知されてきてるようで、数が増えてきてるそうです。

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pensionasuka.blog45.fc2.com/tb.php/184-9207a767
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。